« 秋葉系、渋谷系、そしてアキシブ系とか!(14) | トップページ | 四方宏明への「判決」は明日くらいかな(処刑16)。 »

秋葉系、渋谷系、そしてアキシブ系とか!(15)

「秋葉系、渋谷系、そしてアキシブ系とかについて!(15)」
(四方宏明処刑15)
「〝爆弾魔〟について社会がどう考えるか、または〝爆弾魔〟自身の心理についての思考が止まらない」

爆破寸前の記録をしておく。
以前、読者にはたとえば一つの四方宏明の明白な悪意を説明する用意がある、と記したことがある。過去の話だが、あの時あれほどに苦しそうにしていたボクの姿を冷たく見つめていた四方を忘れることは出来ない。そして、これは先だって4月8日にも四方本人にも確認の通達しているので、今さら知らぬ存ぜぬとは言わせない。

Technopop_l

そう、ボクは涙を浮かべるようにして半泣きで四方宏明にすがりついたことがある。結果的に相手にされなかったわけだが、ボクにはみっともなくとも仕方ない事情があった。ボク自身のプライドなどどうでも良かった。問題は友人が精神病院に長期入院し、自殺未遂まで起こした事だった。
少し長くなるかも知れないが、読者に知っておいてもらいたい。

1.ボクには「A・S」という悪質な女性ストーカーがいる。
その女は20代後半で香川出身の女だ。新宿歌舞伎町の大衆ソープランドで働いているらしい。

2.その「A・S」からボクへのストーカー行為が始まったのは、ボクが統一地方選に立候補した頃のことだ。街を選挙カーで回り、街頭演説をするのを、ストーカーは選挙カーをずっとタクシーで尾行し、街頭演説のたびに、立候補者「宅八郎」の目の前に立って写真を数百枚も撮っていた。
立ち止まって演説を聞こうとしてくれている歩行者にとっても、わずらわしく、立ち去ってしまう人が多かった。そのストーカー女は投票権のある区民でも何でもなく、応援というよりは、候補者の立場からすれば、ほとんど選挙を妨害されているような感じだった。
この際にされた尾行でボクの自宅住所はストーカーに知られることになってしまった。

3.その後、ボクががバンドライブやDJイベントをやる度に、東京でも大阪でも各地でもどこにでもストーカー「A・S」はやって来て、会場のお客さんに迷惑をかけていた。ステージ上のボクだけでなく、バンドで言えば演奏メンバーも不快感を抱くほどに写真を撮りまくり、あるいはステージが終わった後に会場フロアに降りてきてお客さんたちと乾杯しながら談笑している場面さえ、数百枚もシャッターを切っていたからだ。
東京では、女のストーカー行為のあまりのひどさに、警察官が立ち会わざるを得なくなったこともあった(ボクは警察は嫌いなので呼んでいないし、ポリ公を帰らせた)。

4.ボクが大阪日本橋のクラブでDJ出演した時のことだった。
その日もストーカー女は東京から大阪までやって来て、DJプレイをしているボクの目の前に立って写真を撮りまくったり、ボクがソファで他のお客様とお話ししている姿までも写真に撮りまくったりしていた。
ボクは大阪の誰にも何の事前説明をしていなかったが、あまりの光景の異常さにイベント・スタッフが店の外に「A・S」を呼び出して、「いい加減にして下さい。宅さんや他のお客様にも迷惑なので、写真撮影などの行為を辞めて下さい」などと注意したことがあった。

5.東京では尾行されたために知られてしまったボクの自宅に何度も来たことがある。辞めて欲しい旨は何度も伝えたが、警察を呼ぶなどと言うことはサツ=ポリ公嫌いのボクには考えられないことなので、耐えていた。ただし、これはPTSDなのかもしれないが、ボクは自宅に人がやってくることやドアの外の物音で神経を尖らせるようにもなった(その後もボク自身の精神状態は乱れまくった。そのため、ボクの支援をしてくれている方などが自宅を訪ねてくれた際にも適切な対応が取れず、おそらく大きな誤解をされてしまい、ボクは不利な立場に立たされた)。

6.ところが、ストーカーの暴走は止まらなかった。何とボクの女友だち「I」さんをストーカー女は発見してしまい、その「I」さんを「宅八郎の彼女」だの「宅八郎の婚約者」だのとまったくの誤解をして、「A・S」の嫌がらせ行為は、その女性「I」さんに向かうことになった。
直接攻撃もあったし、それ以外ではたとえば、ストーカーのイヤガラセは「2ちゃんねる」など色々な掲示板に何度も何度も、宅八郎や「I」さんに対する嫌がらせの書き込みが連続している。
ここで読者には誤解しないで欲しい。匿名掲示板なので犯人を特定できるのかという問題についてだが、これについては後に説明したい。
「I」さんは一般人なのにもかかわらず、実名やプライバシーも暴露された。また、今でも「宅八郎」で検索すれば、いくつもそういった偽情報を見ることが出来るが、何と「宅八郎が「I」さんと結婚した!」という怪情報も垂れ流されることになった。
これは「A・S」でないと絶対に把握してはいないだろうという情報を含んだ書き込みもあったために、そこから推測し、後に代々木で行われたイベントにのこのこやってきたストーカー「A・S」を階段に呼び出して問い詰めたところ、「すべて自分がやったことだ。書き込んだのは自分だ」と自白させるにいたったのである。サインもさせている。

7.さて、その女友だち「I」さんは精神を病み、条件の良い職場であった会社を退社せざるを得なくなるなどの被害が出た。その後もストーカー「A・S」の嫌がらせは続いたため、結果的に「I」さんは精神病院に数ヶ月間も入院するまでになっている。精神科は通院ならともかく病棟入院という状態のすごさは少しでも知識のある人間にとっては大変なことだと理解できるはずだ(オイッ、神原咲子、お前医者なんだろ、閉鎖病棟に自分自身半年入院してみるくらいのフィールドワークしてみろっ!)。
「I」さんは上位レベルの精神障害者手帳を受給される結果になり、詳しくは書けないが、自殺未遂も起こした。

8.ボク自身も有名人とは言え、ストーカー行為の嵐に翻弄され、恋人でも何でもないのに被害を受けた「I」さんへの責任感も重圧となり、ストレスを抱えていったが、読者のみなさんには泣き言は言わないでおく。
ところが、「I」さんだけでなく、まったく別のボクのマイミクさん女性(当初、面識もなかった方です)にも、「A・S」は「宅八郎の彼女ではないか」と疑念を抱いたこともあった。その方に対して、大量のメッセージが送信されたり、様子をうかがってきたかと思うと、恫喝が続き、最後は逆ギレのような状態だったようだ。ボクはその方にお会いすることにして説明と謝罪をし、何とか許していただくことになった。

9.結果的に、ストーカー行為による被害について(ボクもだが、最も過酷だった「I」さんのあまりの被害を考えると・・・)、弁護士による民事訴訟の準備を進めるほかなく、また弁護士とは関係なく人権擁護委員会への救済申し立ても検討している。

Technopop_l

10.さて。ここで四方宏明が登場する。
しばらく経ってから気づいたことだ。2007年12月2日、その日は大阪日本橋のクラブでニューウェイブ座談会のようなトークイベントがあり、そこにもストーカー「A・S」ははるばる東京からやってきていた。その座談会にはボク以外だと、保山宗明玉氏・安井麻人氏・吉野太郎氏・オカタツヤ氏、そして問題の四方宏明が出席した。
そこで、ボクが気づかないうちにストーカー「A・S」は四方に近づいて、ある程度以上の親交を持ってしまったようだった。。(その後、不適切な関係になったかは知らないが、〝ある観点〟から考えると可能性は多いにあるだろう)。


Technopop_l
11.気がついたら、「A・S」は四方宏明のマイミクシィになっていた。そのため、年をまたいだ2008年1月26日、神戸にあるクラブでボクがDJをやった際に、その場に来た四方宏明と愛人女医とは静かな場所に移動して、ボクはストーカー事件の経緯と被害の実態を出来るだけていねいに話した。写真を数百枚も撮影されることのたまらなさに加えて、Iさんの被害についても説明している。ただし、同席した社会的地位のある女医はあまり話を聞いてないようだったけど。
そして、女ストーカー「A・S」に注意して欲しい旨を四方に伝え、懇願した。ボクは半泣きだったと思う。最も大きく被害を背負ったIさんのことがあったからだ。
ただ、ボクは四方には「お願いですからA・Sをマイミクから切ってくれ」とはただの一言も言わなかった。なぜなら、この場合での「お願い」というのは丁寧形の「命令」だと思えるからだ。ボクは命令を出来る立場にないことくらい理解している。

その時に四方には次のようなニュアンスで伝えるほかなかった。
私たちは大人です。中学生や高校生などではありませんから、「自分が嫌っているあいつをお前も嫌えよ」みたいなコトは言うつもりもありません。現在相当に険悪な状態になっていますが、「自分だけを味方してくれ」というようなコトは言いません。誰でもかどうかは分かりませんが、マイミクさん同士が仲が悪い場合も世の中には十分あり得ることでしょう。ただ、今後のIさんに関わる社会的措置を進めていった場合、面倒な状況が生じかねないんです。
明白な言葉でボクは「命ずる」ような立場にありませんから、後は少しでもお察していただければ、という言葉になります。「仲が悪いから」という意味合いをすでにはるかに超えてしまっているんです。どうかお察しください。何とぞよろしくお願いいたします。

ボクはいくらでも頭は下げる(誰かとは違う)。自分のせいで地獄を味わっている友人のためなら何でもする。低姿勢で弱々しくみじめな姿をさらして、すがりつくボクに対する四方宏明の冷たい、冷たい冷徹な表情は不思議と良く覚えている。。。あ、「上から目線」だったな・・・。

12.しかし、四方宏明は完全にこれを無視した。ただ、正直な話、ボクはそのこと自体は仕方がないと考えている。マイミクを切ってもらわなくてもしょうがない。理由は上に記したとおりだ。誰も「人のマイミク」や「人の人間関係」に何かを言えるとは考えていないからだ。

Shiho_syokaibun

ただし、その後、悪質ストーカー「A・S」は「先生」の「生徒」になったようだった(笑えない)。これは真の意味で悪質に感じ、ボクの怒りはスパークした。「A・S」の紹介文をわざわざ四方宏明は書いている。
四方は「関係・生徒」「フォトグラファーとして大活躍」「興味津々の顔で人の話を聞いてくださる」などと書いている。
冗談じゃない! 
興味津々? てめえ、自分の知識をひけらかしたいだけなんだな。自分の自慢話をそれほど人に聞かせたいんだな。
相手の迷惑もかえりみずストーカーとして何百枚(累計すれば何千枚か)も写真を撮ることが「フォトグラファーとして大活躍」を意味するとはボクも知らなかった。
ボクがすべての事情を説明した上で、これだ! 
しかも、今回本人には再確認・理解できるようにメールで指摘しても、何の手段も講じてはくれなかった(自分の御都合主義で、勝手な削除や通報はするクセにね)。
これはもはや明白な悪意の表明と受け止めるほか解釈できない!

Shiho_syokaibun
Shiho_syokaibun
Shiho_syokaibun

13.しかし、だ。ボクに入ってきている確実な情報だと、四方に極めて近い人間が「先生☆の敵である宅八郎を嫌って下さい」だの、「宅八郎を切って、先生☆と私たちを味方してください」「こちら四方サイドについてください」などと言い触れていることはボクの耳に入ってきている。
「村八分」の通達だ(→これ、実は法的に意味を持ちかねないんですけどね)。
別に誰も宅八郎に味方してくれなくてもいいけどさ(ボクは孤立無援でも頑張る子です)、客観的に見て、このねじれた構造・歪んだメンタリティ、すごいね。

さて、四方宏明の愛人やその他の四方人脈には悪意までは持っていなかったが、ある人間たちが、ボクを完全無視した上で(人によっては)アクセスブロックしていることも判明した。それならば、次の段階に移行する。四方を「先生」とする自分たちの判断、なした措置を顧みることだなっ。

(つづく→次回、「爆弾魔」に化身していく姿をお見せしよう)


Technopop_l
Technopop_l
Technopop_l

|

« 秋葉系、渋谷系、そしてアキシブ系とか!(14) | トップページ | 四方宏明への「判決」は明日くらいかな(処刑16)。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195845/29724571

この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉系、渋谷系、そしてアキシブ系とか!(15):

« 秋葉系、渋谷系、そしてアキシブ系とか!(14) | トップページ | 四方宏明への「判決」は明日くらいかな(処刑16)。 »