« 秋葉系、渋谷系、そしてアキシブ系とか!(13) | トップページ | 秋葉系、渋谷系、そしてアキシブ系とか!(15) »

秋葉系、渋谷系、そしてアキシブ系とか!(14)

「P&G四方宏明、その歪んだ人間の歪んだ人間像01」
(四方宏明処刑14)

前回、ゴールデンウィークをつぶされたコトを記したが、その続きの原稿を記す前に書いておかないといけないことが2つほどあることに気づいた。
今回はINTROに過ぎない。
さて、四方宏明が逃げ回っているだけで、何の誠意ある対応を見せてこないので、情報収集のためにSNS「mixi」における「先生☆」のマイミク300人以上のリストを入手。片っ端から「呼びかけ」と「情報募集」をしてみたことは過去に記した。
その直後に四方宏明(および四方サイド)がボクを「通報」したとのことで、mixi運営事務局から失礼かつ恫喝めいた「スパムメール」が届いたことも報告済みだ。
なお、All About取締役にして編集長・森川さゆり(外大出身のようだが、こいつについても多少の情報は得ている)からも毎日のようにスパムメールが届いているので、四方宏明、お前のせいなんだから何とかしてくれ!

Technopop_l
Officerphoto_sayuri
Officerphoto_sayuri
Officerphoto_sayuri

ボクのマイミクの方々へのメッセージ送信の直後に、四方宏明はあわてて日記で「宅八郎」について、記述した事実が確認された。それまで一言もボクについては触れていなかったらしいのにね。
結局、四方宏明はボクがやむを得ずマイミクの方々にメッセージを送ったことで、泡を食らったと思われる。
言っただろ、一泡吹かせてやるって。
ところが、四方はすぐにその日記を削除して証拠隠滅をはかっている。なので、その日記を読んだことのある人複数からの「記憶」をつぎはぎして、「このような日記だった」と判断するしかない。また人によっては記憶が曖昧な面があり、同じコトを記憶していても差異が生じたりもするようだ。原文が無いので、記録でなく記憶による「再確認」には限界があり、錯誤が生じる可能性はあるが、それは証拠隠滅野郎・削除魔の四方宏明本人の責任だろう。

文章にするのは無理なので箇条書きにしてみる。
●宅八郎は理解できない、おかしい人間
●なぜ自分が攻撃されているのか分からない
●もっと社会的に大きな相手を攻撃すればいい。自分は小物だから攻撃されたくない。
●今回の件は「宅八郎による売名行為」!
●宅八郎は復讐処刑と言った行動でお金儲けをしている。
●マイミクのみなさんへ。頭のおかしい宅八郎を無視して下さい。
●宅八郎をmixi運営事務局に通報しました。(コレに関しては四方本人じゃなかったかという記憶を持った方と、そういう書き込みをした四方サイドの人間がいたという記憶がありました。いずれにせよ「自白!」だね。

しかし、ボクが送ったメッセージに対して、「今後宅さんからの連絡をいただきたくない」と拒否してきた方はたった2人だったなんて、先生☆は人望ないんだなあ。

ある程度、「お応え」しておくと、ボクは間違いなく理解されにくい人間で、おかしいと思われている面は自覚しているから、これは問題にしない。ただ、今回の件ではある程度スジ道を立てて説明することは出来るし、してきたつもりだ。

「なぜ自分が攻撃されているのか分からない」のであれば、細かな削除をするような必要がない。ボクはそもそも削除など求めていなかった。後ろめたいところがあるから、削除したんだろう。削除を希望することもあり得るが、削除は合意に基づいてなされるものだと考えている。
(ボクはドメインごと削除は希望したことはあるが、一つの文献のみを問題にして削除を希望してない)
自分の管理下にある削除ならまだ良い。削除と言えば、外圧によってボク(とボクのマイミクさん)による共同著作物である一連の日記を削除さえされた。これについては言論弾圧としか言いようがない。

「社会的に大きな存在を相手にすべき」ということについて、これはボクの支持者であっても「今回の相手は小物ですね」という意見も存在するのは確かだ。確かにそういう面はあるかもしれないと思うが、ボクは相手を選んで攻撃しているわけではないという証明にもなっていると思う。
「自分は小物」なんて今さら言うなら、「先生☆」などと自称し、他人にもそう呼ばせ、「上から目線」で言論活動を行わなければ良い。
テクノポップに詳しい編集者の田中雄二さんが「自分が選ばれて読者様のために書かせていただいているという自覚がない」旨を指摘していたのを思い出す。
四方宏明、お前はどうしてオールアバウトに原稿を書いているの? 書いたものに責任を負えないの? そのくせ選民意識=エリート意識にだけはまみれている人間が「攻撃されたくない」なんて言えるの?

それから、宅八郎の売名行為という言葉だけど、本当に売名行為をするつもりなら、ものすごく有名な超大物を選んだほうが効率は良いくらいの自覚はありますよ(苦笑)。あまり商売というか計算が出来ない人間ですが。
「宅八郎はお金儲けをしている」ってなあ、ボクは四方宏明追及のために自分にとっては大きな調査費用を費やしている。借金もした。仕事も犠牲にした。首が回らなくなりそうだ。その上で、この「四方処刑」はたったの一円のお金も入ってきていない。

「通報」に関しては考えるところがあり、後に明らかにする用意がある。
一泡も二泡も吹かせてやるから、首を洗って待ってろ!

ところで、ボクが四方マイミクさんに「情報募集」を呼びかける以前からも、情報は集まってきていた。現在もまだ募集しているので、どのような細かいことでも構わないので、みなさんヨロシクお願いいたします!
しかし、この問題の四方日記について確認をお願いしたところ、削除したことを知った方は「四方は自分が言いたいことだけ言って。削除するなんて、ここまで卑劣な卑怯者だとは思わなかった」と感想を述べていたよ。

次々に集まってきている四方宏明情報だが。もちろん情報源は固く秘匿し、誰からどのように得た情報なのかは特定しないように注意しながら、紹介していきたい。ただし、相手は紳士面下げて、実際のところ執念深く、底意地の悪い人間のようだ(編集者の田中さんブログの過去の記述読んでもそう思った)。
なので、誰かに迷惑をかけないようにするため、かなり工夫することにしておく。

Technopop_l

さて、四方宏明の情報がmixiだけでなく、だんだん集まってきた情報ね。年齢層もバラバラだ。
All About「テクノポップ」で四方のインタビューを受けた人物からも何人も連絡が入ってきた。あるいはその他のスジもね。
・最初はずいぶん、おだててくるので不思議だったが、インタビューが進むと基本的には失礼な人間だと感じざるを得なかった。自分はおだてられて調子に乗るような人間ではない。
・担当者ですが、宅さんからの長文のお手紙を拝読いたしまして、本人にすべて伝えたところ、応援したいと考えているのは宅さんだとのことです。
・インタビューを受けたのは確かです。ただ、今の私を語りたがったが、彼は過去に私が残した仕事の話が多く、自分は過去の人間かのように取り扱われているのを理解した。
・あまりにも口だけ、なので誠実さを見せて欲しいと思う気持ちがある。
・非常に失礼だった。知識を押しつけがましてくる感じだった。こちらが知らない知識があると「そんなことも知らないの」とイヤらしい態度を浮かべられたので、不愉快に感じた。
・他人行儀だなと思う面となれなれしいなと思う面の落差が激しい。
・私の友だちで他の子たちを紹介してくれと言われて紹介した。その後に四方が「自分が発掘した」と言い出した時はあきれた。ところが、紹介してあげた子から文句が入ってきて、結果的には私が恥をかいた。
・自分のことではなく、自分の知り合いや過去にユニットを組んでいたことのある人間のことばかり聞いてきて、せっかく足を運んだ自分には何の興味もないことは明らかだった。人をバカにするようなインタビューだった。
・関西に住んでいて音楽活動をしていると、確かにAll Aboutの取材を受けておいたほうが良いという意見も多く、そのために自分も緊張しながらインタビューを受けたが、「何に影響を受けてるの」みたいな話ばかりで、イヤになった。もっと自分の話を聞いて欲しかった。
・自分の表現した音源について、「これはこうだ」と自分の目の前で自分が考えてもいない「意見」ばかりを勝手に語って評価された。作者なりの意図も記して欲しかった。
・関西アーチストの中には自発的に四方宏明を招待しておいたほうが良いという意識を持つ人も多いようだったが、事前の連絡もなく勝手にやって来てタダでライブを観に来て不快に思っている人間も多い。自分は他のメンバーの手前、何も言わなかったが「××××のおじさん」だと思っている。

または音楽関係の人脈だけではない。小中学校、高校の同級生からの情報ね(同窓会名簿のコピーをボクが複数入手することに成功したため)。
数は多くはなかったけど、興味深い話を得た。今は京都にお住まいの年配者様たちとか。
・子供の頃、確かに成績は良かったが、「自分は頭が良い」を連発していました。確かにそうだったかもしれません。
・「自分は天才だ」「天才だ」とうぬぼれていてイヤな奴だった。
・家庭のことはあまり語りたがらなかった(何かあるようだった)
・確かに音楽は好きだったようだが、楽器を弾いていたという話は知らない。
・人にモノを教えるのが好きだったが、どこか小馬鹿にしたような態度を取っていた。

なるほど、それほど頭の良い天才にたてついているのがボクだと言うわけだ。
じゃあ、頭の良い人間と国家医師資格を持った頭脳明晰愛人たち取巻き連中が、想定しうることを超えることにする。色々な可能性を考えて打ってくる手をすべて無にする手を考えることにする。天才が思いつかないことを思いつくようにする。
それだけだよ。

無視して逃げ回る人間に対しての考えはあるからっ!
四方ッ、お前が本当に後悔するような形でなっ!!

(つづく→四方の明白な悪意の一つを次に明らかにする)


Officerphoto_sayuri
Officerphoto_sayuri
Officerphoto_sayuri

|

« 秋葉系、渋谷系、そしてアキシブ系とか!(13) | トップページ | 秋葉系、渋谷系、そしてアキシブ系とか!(15) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195845/29676966

この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉系、渋谷系、そしてアキシブ系とか!(14):

« 秋葉系、渋谷系、そしてアキシブ系とか!(13) | トップページ | 秋葉系、渋谷系、そしてアキシブ系とか!(15) »