« 秋葉系・渋谷系・そしてアキシブ系とか!(3) | トップページ | 秋葉系・渋谷系・そしてアキシブ系とか!(5) »

秋葉系・渋谷系・そしてアキシブ系とか!(4)

mixi日記が全文削除されてしまったので、こちらに処刑日記のCopyを転載します。なお、記事作成時に推敲したハズなので、初出と微妙に表現が異なる可能性はあります。どうか、よろしくお願いいたします。

「秋葉系、渋谷系、そしてアキシブ系とかについて!(4)」
(四方宏明処刑04)

やはり日記の続きです。
(以下は、四方が最終判断の上で削除し、現在見れない問題記事URL)
http://allabout.co.jp/entertainment/technopop/closeup/CU20071105A/

彼がアキシブ系を語りだす前提となっている、四方宏明流「秋葉系VS渋谷系」比較対比は以下の項目でした。
四方による「秋葉系VS渋谷系」ファッション対決対比とボクのコメント、その続きであり、対比へのコメントとしては最後です。6項目めからいきます。

1.オタクカルチャーVSポップカルチャー(おしゃれサブカル)
2.アイドルオタクVS音楽マニア
3.アニメオタクVSヌーヴェルヴァーグ系映画マニア
4.メイド喫茶VSおしゃれカフェ
5.大ぶりの銀縁メガネVS小ぶりの黒縁メガネ
6.チェックのウールシャツ(ブランド不明)VSボーダーシャツ(Saint James)
7.宅八郎・森永卓郎・電車男VS小西康晴・フリッパーズ・中田ヤスタカ
8.AKB48・時東ぁみ・桃井はるこVSカヒミ・カリー・野宮真貴、野本カリヤ
四方による秋葉系VS渋谷系「比較」はどんどん無知で間違った方向に行きます。みなさーん、男性も女性もカッコイイ洋服着たいでしょ、ファッションのお話しから始めるよ〜〜〜。いかに四方がダサイおっさんかってね。
Technopop_l

「ファッションにうとい四方というオッサン」

「6.チェックのウールシャツ(ブランド不明)VSボーダーシャツ(Saint James)」
●ウール? ネルシャツの間違いだと思います。(ボクは東レの研究員やってましたけど)、四方さんは繊維を何も分かってないと思います。ウール(woolあるいは羅紗)と一口に言っても色々ありますし、平織り・綾織りなども様々です。番数もあります。素材はウールに限りませんが、「フランネル」。特にコットン「ネル」のことでしょう。ココで言われている秋葉系「チェックのシャツ」はまず間違いなくネルシャツです。
ブランド不明とのことで、何も知らない無知四方のためにブランド名を仕方なく明かすしかありません。チェックのネルシャツはJUNYA WATANABE COMME des GARCONSが多いです。(あれ、フランス語ですねw オタク的にはある時期のレア物!)
またSaint Jamesのボーダーシャツは持ってないです。確かに対価格比は良いかもしれませんが、ロゴマークが微妙に思えて。ボーダーならボクは英国になりますがポール・スミスは持っていたとは思います(素材は大したことないですが色目はイイです)。それからボーダーでは韓国で買ったモノがかなり良かったかな!
Saint Jamesが好きな渋谷系人類にオタクから一言。ボーダーシャツでもっと良いモノ、面白いモノ、安くてもカッコいいモノは存在します。

※追記・すべてを「価格」で比べるのはホント好きではないですが、世の中の人には分かりやすいので次のように言えるとは思います。
「渋谷系が着ているボーダーシャツよりオタクが着ているチェックのシャツが少なくとも3倍〜4倍くらいのお値段ですよ」と。
オールアバウト消滅後であっても、四方にはどこかでそう書くことを求めます。

※あ、ボーダーシャツですが。
オタクからのアドバイスです。渋谷系の方は何かうるさそうですし、デザイン性とか縫製、ボーダー色目にこだわりがありそうなので、次のようなモノが良いのかな。
Mastermind Japanが展開してるボーダー、かなり面白かったかも! あるいは、CANALI(カナーリ、読みがw)やHYROGEN(イドロゲン)などなどにも面白ボーダーあったかもしれません。


次とその次の項目がようやく「人間対比」です(最初が男性、そして女性)。
ついにボクが名指しされますよ!!!!!

7.宅八郎・森永卓郎・電車男VS小西康晴・フリッパーズ・中田ヤスタカ
●ボクの名前が出てきますが、ボクは名前を出されるのを嫌っていません。「オタク」のイコンを考えれば、宅八郎の名を出さないわけにいかないと思います。ボクの名前が出てなければ、むしろ(神戸まで行って)何か言います。
ただし、正直このVS対比は良く分かりません。「電車男」という人間じゃない存在も入ってますし(爆笑)。VSと言われても・・・。四方氏の人間観が不明です。
森永教授も、あるいは小西さんも中田さんも特に交流はありません(ボクは小西氏は一度、かつて元気だった頃の岡崎京子さんや宍戸留美さんといっしょにDJイベントで共演したことがあったはずです→伝説的?)。

ただし、この四方流人間対比では、唯一フリッパーズ・ギターの2人だけは解散の頃、かなり身近にいました(最初は2人からボクにファンレターをいただいたご縁からです)。彼らから、大量のCDやビデオが届いて、全曲分析を依頼され、すべて聴いた上で、「山へ行くつもりだった」とか何とか、オタクからの全曲感想文を書きました。当時はお二人とも「音楽評論家よりも宅さんが一番的確だ。鋭い」と言ってくれましたよ。「専門家」よりもオタクの言葉がうれしかった、と。
「専門家」のお言葉って、当のアーチストにとっては、何にもならないみたいですね(苦笑)。オールアバウトって意味あるの(嘲笑)?
あ、以下、余談です。確か95年くらいだと思いますが、ボクが良く知らない「渋谷系」では重要?有名?らしいバンドの解散ライブがあって、本来は小山田は顔を出しに行かないとマズかったらしいですが、小山田その時ボクとオタクっぽく、うはうは遊んでましたぁ(笑い)。


8.AKB48・時東ぁみ・桃井はるこVSカヒミ・カリー・野宮真貴、野本カリヤ
●このVS対比も何の意味があるか、さっぱり分かりません。女性がずらりと並んでいるだけにしか思えません。
AKB48は秋葉原ドンキホーテに何回か見に行きました。時東さんはお会いしたことないですが、所属事務所と仕事をしていましたので、そこの「後輩」の若い女の子たちはボクの「生徒」という演出上の形になっていた時期があります。桃井はるこさん(井上さん)は昔、良く知っています(芸名の由来も知ってるわけです)。
また、カヒミ・カリイさん(マリちゃん)はまだ彼女が専門学校生だった時(アルバイト時期)から一時期親しくさせていただき(××××や××××についても聞いてます)、やはりアーチスト名の由来に関わったらしいオタクの方(瀧見さん)も紹介されてます。
知り合った当時、彼女は一生懸命フランス語の勉強をしている時期でしたが、彼女とフランス語との関わりについてはコメントを控えます。
カヒミ・カリイという名前でデビューした後はCDも何枚かもらったんだけど、結局現在まで聴いていないので、彼女の歌声聴いたのは一緒に行ったカラオケだけです(スミマセン)。あ、でも彼女が歌ったのって日本の古い昭和歌謡でしたよ(笑い)。
野宮真貴さんは「あぁん、お姉さーんっ!」とハァハァ抱きつきそうになって、必死でガマン。さすがにボクも関係者にマズイんじゃないかと思い、話しかけませんでした。野宮真貴お姉さんにはメイド服とかコスプレを着て、萌え萌えな振り付け付きで、ボク好みの曲を踊って歌って欲しいなあ。野本カリヤさんという人は名前も知りません。

「対比に書かれていないことで聞いてみたいこと」
加えて、一番聞いてみたいコトがあります!!!
四方には「秋葉系VS渋谷系」の使っているパソコンやそのスペック・環境・周辺機器などの具体的「対比」についてもご見解を、誰もが見ることの出来る公開した形で、聞きたいですね(笑い)。さらにアキシブ系とやらなら、いったいどんなパソコンになるのか、興味津々わくわくです!!!

Technopop_l_poster
さてさて。
結局、四方という人間ははこんなに、あまりにも、おかしなデタラメ対比から紡ぎ出して、「アキシブ系」という言葉を語ろうとしたわけですから、その「解説」をまったく読む意味を感じないです。「先生」なんじゃないの、あんた?(嘲笑)

またボクの古くからのオタク友だちの絵が今年1月から、フランス・パリにあるルーヴル美術館で展示されています。4月までですが(じつはそのマンガに付随するアイディアはボクが提示したものが元になっています)。
そうすると、そういった人物はアキシブ系になるんですか? 
どうか教えて下さい!!!!!

四方氏は「フレンチ→カヒミ→渋谷系→おしゃれ」というような流れの表現を良くしていますが、彼特有の「フランスかぶれの病」については後に言及します(マリちゃんは巻き込みません)。
それから、秋葉系というと、AKB48とかエヴァンゲリオンとか、らき☆すたなどでなく、まさにディスプレイの中でアニメが踊り出すような楽曲群を四方さんは把握しているのか、謎です。別に教える気もないし、まあ、把握してくれなくて全然けっこうです。


まだまだ話はこれからだ。
(まだボクの話は終わっていない、これからが見物だよ)
「オールアバウト・テクノポップ・コーナー」の根幹。四方の語る「アイドル」や「フレンチ何とか」について検討していこうと思います。まずは、アイドルを探す旅に出ることにしましょう。
ただ、その前に「ここまでの宅八郎記述」を整理して、「公開質問状」を四方に突きつけるつもりです!

もっとも、じつは四方氏ではなく「オールアバウト」そのものなり、別のジャンルの専門家ガイドにも大きな関心を持ち始めたので、読者のためにどのように整理して文章をつづっていけば良いか、難しいところです(苦笑)。

(つ・づ・く)

Technopop_l
Technopop_l_poster
Effect
Hanten

|

« 秋葉系・渋谷系・そしてアキシブ系とか!(3) | トップページ | 秋葉系・渋谷系・そしてアキシブ系とか!(5) »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195845/28895359

この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉系・渋谷系・そしてアキシブ系とか!(4):

« 秋葉系・渋谷系・そしてアキシブ系とか!(3) | トップページ | 秋葉系・渋谷系・そしてアキシブ系とか!(5) »