« 秋葉系・渋谷系・そしてアキシブ系とか!(7) | トップページ | 渋谷系・秋葉系・アキシブ系とか!(8) »

処刑外伝(1)オールアバウト批判「韓国語」

処刑外伝「オールアバウト」批判(1「韓国語」)

人権派の宅八郎です。

今回は四方宏明処刑を一時的に中断して、おかしなサイト「オールアバウト」で見つけた他の問題について取り上げてみます。
(四方「テクノポップ」と違って、殺人的ではない程度の優しい文章にしておきますねっ→本当に攻撃追及してやろうかと思っているガイドもいますけどね!)

先日のトークライブでは、今最も注目を集めているニュースのせいか、北朝鮮やテポドンに関する質問が多かったです。そこで、ボクは軍事の専門家ではありませんが、オタク知識として「テポドン1」(中距離弾道ミサイル)、今回問題の「テポドン2」(長距離大陸間弾道ミサイル)、そして「ロドンミサイル」(準中距離弾道ミサイル)。それぞれの射程距離、射弾散布指標=命中精度(命中確率でなく)、あるいは推進燃料など、出来るだけ分かりやすく、「日本にとっての脅威」について軽くお話ししたところ、興味を持って面白がってもらえて大受けでした〜。

KOREAね。そこで・・・。
今回はデタラメサイト「オールアバウト」のコーナー「韓国語」について記します。なお、ボク自身の国籍は不明と言うことにしておきましょう。

http://allabout.co.jp/study/korean/

まず、第一に日本における言語学研究では、朝鮮民族が主に使う、ほぼ同一の半島言語を南北統一名称として「朝鮮語」と規定しています(中国朝鮮族自治区などで使われている言葉も含めて)。
つまり、「韓国語学会」などはなく、言語学会の上で言語学者たちはその言語を「朝鮮語」としています。
オールアバウトでも「韓国語」ではなく「朝鮮語」というジャンル名称に変更をしたほうが本当は良いでしょう。出来ますか?
ただし・・・朝鮮=即、北朝鮮を意味するわけではありませんが、そのように想像する方もいらっしゃるかもしれません。少なくとも日本と北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)には国交がなく、朝鮮半島(韓半島)を領土とする国家として、1965年から日本政府が認定している国は大韓民国(韓国)になりますので、まあ通称「韓国語」でもかまいません。ここまではまあいいです(笑い)。

ただ、このジャンル「韓国語」のガイド(専門家・プロ)の幡野泉には問題はあります。ヨンセデのオハクタンで学んだ経歴はまあいいですが・・・。
この人は少なくともソウルマル(標準語)ではボクよりも会話能力の高い方だと思いますので、そこは尊敬します。ボクも韓国語弁論大会で優勝したことはありますが、すでに実力は落ちていますし・・・かないません。
ただし、この人が「人に何かを教える立場」であるなら、言語学的理解や「韓国語」に対する基本的理解がありません。入門者や初級学習者には大きな誤解を与えてしまうような解説が目立ちます。いや、もっとそれ以前の日本人としての問題も指摘します。

羅列していくと本当にキリがないですが、たとえば、この人は自分のプロフィールを含めて(!)「ハングル文字」という表記を何度も何度もしています。本当に心配になります! 「韓国語の先生だ」と言ったらバカじゃないかと、韓国人から笑われますよ(また北朝鮮ではハングルという単語さえまったく通じない単語です)。

http://allabout.co.jp/study/korean/profile/mbiopage.htm
Korean_l

ハングルおよびチョソングルの「グル」の部分は正確には「グルチャ」で、意味としては「文字」のことを指します。
ところが、このガイドの教えのように「ハングル文字」とした場合「文字文字」になってしまうのです(♪モジモジしないで〜→アニメ「ムーミン」主題歌より)。たとえば、日本語で「ひらがな文字」とか「カタカナ文字」だなんて言わないでしょう(苦笑)。
それを自分のプロフィールに堂々と書いているガイド! こんなに、あまりにも基礎的なところから間違っているオールアバウト「韓国語」はどうしようもありません。

(文字としてのハングルおよびチョソングルは正確には表音文字ではありませんが近い文字ではあります。1446年に朝鮮第4代国王「世宗」が「訓民正音」の名で公布した文字ですが、現在ではまったく使用されていない「字体」もあります→ボクはそれをある程度把握理解していたのでソウルの韓国人に「宅さんはどうして私たちの古文を知っているのですか」と聞かれたこともありました)

他にもこのサイトでの紹介による、韓国語の文法や品詞、発音、語彙の紹介、例文など、苦笑せざるを得ません。例を挙げていくとキリがないくらいです。まず、それらはまったく「標準語」でしか通用しないものです(標準語だとしても、大きく問題はありますよ)。
さらに「文化語」としてはほぼ通用しません。あまりにも理解がないです。また、「エヨ」「イエヨ」の終止形が多すぎて、さまざまな語尾終止形の紹介についても問題はあり、たとえば半島全体における儒教文化的理解の無さを感じました。

http://allabout.co.jp/study/korean/closeup/CU20081104A/

http://allabout.co.jp/study/korean/closeup/CU20070313A/index.htm

しかし、自分の無知を棚に上げて、こんなことを言っています。
「外来語の発音にも要注意です!」「外来語は意外な落とし穴なんですよ」などなどと何度も書かれていますね。しかし、この幡野泉というガイドは「外来語」をおそらく英語としか捉えていません(ところが、韓国ソウルでのマクドナルドの現地での略称は知らないようです)。
北朝鮮では1948年から漢字さえも外国語扱いですが、それは置いておくとしても、「文化語」ではロシア語の外来語もあります。しかし、この人はロシア語の外来語をまったく理解しているとは思えません。

http://allabout.co.jp/study/korean/closeup/CU20071225A/

この項目は「どうして韓国人は日本語が上手なの?」です。
しかし、この文章すべてがまずガイドの「日本語に対するあまりの理解不足」を感じます。結論を言ってしまえば、このガイド・幡野泉は、人に韓国語を教える前に日本人として「日本語を勉強したほうが良い」でしょう!!!

以下この項目でのガイド発言と宅八郎コメントなどなど。
1.「韓国語は、日本語と語順が一緒」→基本構造はそうですが、例外もあります。
(確かに統語としての語順はSOV型で類型としてはそうですが、それは日本語と朝鮮語だけでなく、世界の言語の半数程度はSOV型です)
2.「韓国も漢字文化圏なので、基本的な漢字は読み書きできる人が多い」→まったく、それは事実ではありません。どうして、この人そう決めつけるのかな? よほどのインテリ韓国人でない限り、漢字を読み書きできる人はきわめて少ないです。ただし、新聞の見出しに基本中の基本である漢字が数文字程度使われる場合はあります。あ、これは韓国の場合ですらそうだと言うことです。文化語話者ではまず間違いなく99%ありえません!(1%は政府関係者)
3.韓国人と日本人では「語学学習の目的、そして学び方が違う!」→この解説はこのガイドのただの思いこみです。思いこみを「生徒」に教えないで下さい。
4.「話してなんぼ。韓国人の性格を見習おう!」→語学習得において性格を持ち出すのはバカバカしい解説です。韓国人の性格もそれぞれです(日本人の性格でもそうでしょw)。

あ、このガイドもそうですし、韓国語=朝鮮語に何ら知識がない方には意味が通じにくいかもしれないので一言。
「標準語」とは→ソウルの教養ある人々の言葉
「文化語」とは→ピョンヤンの労働者階級が使う言葉
です!

現在ではソウルの標準語話者にとって、ピョンヤンの文化語はスペルも発音も異なり、別の発展をしているので、韓国人でもおそらく60〜70%程度しか理解できる状況にありません。逆もまったく同じです。

さて、「韓国語」ガイド幡野泉のバカさ加減に比べて、同じオールアバウトでも「海外旅行」ジャンルの「韓国」ガイド・松田カノンさんは言語の理解がうかがえ、全然マトモです。
たとえばですが・・。

http://allabout.co.jp/travel/travelkorea/closeup/CU20030528A/

松田さんはハングルが文字だということ、「韓国語」という記述は暫定的に表記する旨を断っていますし、韓国では漢字はほとんど使われていないことなど把握していらっしゃいますね。

http://allabout.co.jp/travel/travelkorea/subject/msub_1-6.htm

さて、これが松田さんによる「ソウル旅行のモデルプラン」みたいです。
(若い女性向きのこのプランをボクは選びませんが→そもそもホテルも予約しないで現地でどうにかしたりする人間です)

ボクとしては、それなら「ピョンヤン旅行のモデルプラン」というコラムも書いて欲しいところです(笑い)。
ボクなら書けます! ただし、モデルプランどおりに回れるか、いや行くことすら出来るかどうか分かりませんし、帰ってこられるかも問題です。ボクも強引すぎる取材を試みたために、国際空港の特別室に拘束され、スパイ容疑で尋問を受けたことがあります(爆笑)。
あ、そうだ、こんなタイトルのコラムはどうかな?

「片道切符で行く素敵なピョンヤンへの旅!」
(♪BGMは「恋の片道切符」♪)
http://www.youtube.com/watch?v=gBjAyYnF4jo

それから余談ですが、トップレベル・ドメインは日本だと「.jp」ですね。韓国は「.kr」です。そして、ほぼ使われていない「.kp」が北朝鮮です。「.kp」ドメインは北朝鮮政府機関「高麗コンピュータセンター」くらいでしか、ほぼ使われていませんが、日本から行った人間ではその施設でコンピュータを操作したのはおそらくボクくらいかもしれません(苦笑)。

このオールアバウト「韓国語」の読者層イメージは個人的には「韓国ドラマ」や「K-POPS」が好きな女性とも思えますが、そうした人たちはテレビをよく見ている気もします。それなら、ソウル標準語とも異なる、タレントのソニンさんやアユミさんのような在日朝鮮語との違いも解説してみてはいかがですか?
(でないと、おそらくこのガイドの教えを受けた日本人は限りなく在日朝鮮語に近い言葉を覚えていくことになる気がするからです)

さて、この問題だらけの「韓国語」コーナーでは、たとえば次のような例文がありました。

「ペ・ヨンジュンさんのポスターありますか?」(ペ・ヨンジュン シ ブロマイドゥ イッソヨ?)
「ロッテホテルに行って下さい」(ロッテホテル カ ジュセヨ)
「トイレはどこですか?(ファジャンシル オディエヨ?)
また、極めつけに
「韓国人の笑顔が見られるフレーズはこれ」として紹介されているのが・・・。
「韓国、最高!」(ハングッ チェゴ!)

これは、このガイド(プロ・専門家)幡野泉という人が最初に覚えたような類の言葉なのかもしれません。

これに対して、ボクの場合、ピョンヤンで最初に覚えた例文は次のようなものです。
たとえば(=リェルル トゥルミョン)、

「偉大なる首領様、金日成主席の万年長寿を謹んでお祈りいたします」
(ウィデハン スリョンニム キムイルソン チュソクウィ マンスムガンウル サムガ チュグォンハムニダ)
「親愛なる領導者、金正日将軍様、万歳!」
(チネハヌン リョンドジャ キムジョンイル チャングンニム マンセー!)
「マスゲームはどこで行いますか?」
(チプタンチェジョヌン オディソハムニッカ?)
また「朝鮮人の笑顔が見られるフレーズ」としては以下のようなモノでしょうか。
「人民こそが革命の主体です!」
(インミニ ヒョンミョンウィ チュチェイムニダ!)

爆笑したこんな記事もありました。
「愛のムチ!〜万年初級者から脱出するには」
http://allabout.co.jp/study/korean/closeup/CU20070320A/

ボクが思うに、万年初級者から脱出するには、あなたの指導を受けないことだと思います!! ムチじゃなくて、あなたが無知。
この人から学んでも韓国語はほぼまず習得できません。少なくともピョンヤンではまったく通用しません。

まあ、「私は〜韓国ドラマや韓国映画、K-POPSが好きで〜」と言っているような方は上達がかなり難しいとは思いますが(人によっては一生無理です)、そんなSOUTH KOREAの話題がそれっぽく掲載されているこのコーナーはコレはコレなのかもしれません。そういう人は韓国ソウルに旅行してもマクドナルドに行ってればいいでしょ!

結局、思うところがあります。
(これは他のオールアバウト別ジャンルでも言えるコトですが)この「プロ」「専門家」「ガイド」は、自分の韓国語スクールの受講生を募集しているようにしか思えません。

(つづく)

この原稿さえ、mixiでは全文削除される可能性があるわけで、大変ストレスを感じています。Korean_l

|

« 秋葉系・渋谷系・そしてアキシブ系とか!(7) | トップページ | 渋谷系・秋葉系・アキシブ系とか!(8) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。楽しく拝読しております。
韓国語ガイド・幡野泉さんについての深いご指摘には激しく同意しました。
ホントにお詳しいんですね。
わたしも少し勉強していますので違和感を感じてました。

この方が出版している語学テキストを、amazonでチェックしてみたのですが、
★5個の高評価のレビューはいずれも1回きりの投稿で・・・・・、つまり、サクラ・・・?
ほとんどサクラかな~?と。あまり邪推してしまうのもなんですけどね。

本の広告や書評って、半ばウソの誇大広告でもまかり通っちゃってるところがありますね。
売ったモン勝ちみたいに。そう高額なものでないからなんでしょうが。困ったもんです。


実力がイマイチのくせに「プロ」とか名乗ってる人には、
せめて謙虚な姿勢でショーバイしてほしいもんです。

投稿: キルギスタン | 2010年4月12日 (月) 11時54分

幡野氏の教室に参加してみました。やはりというべきなのか参加者の多くは若い女性で,真剣に学べる環境ではなかったです。
失礼ですが,語学にしてもビジネスにしても主宰者の力量や経験が中途半端だと,すぐに限界が出てきてしまいますね。

そういえば,幡野氏の一番新しい出版物「今日から使えるシゴトの~」ですが,この本は監修者が2通りあります。アルク編集部と小西明子氏(韓国芸能雑誌の元編集者)。気になって両方とも読みましたが,違いはないようです。
でも,なぜかほとんどアルクの名前で売っています。不思議です。おそらくですが,小西氏が極左在日朝鮮人らと政治的な活動をしているのをネットで知って,急遽名前を消したのではないでしょうか。在日とつながりがあるとは思われたくなかったのかもしれません・・・

投稿: BB | 2010年10月 3日 (日) 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195845/28995946

この記事へのトラックバック一覧です: 処刑外伝(1)オールアバウト批判「韓国語」:

« 秋葉系・渋谷系・そしてアキシブ系とか!(7) | トップページ | 渋谷系・秋葉系・アキシブ系とか!(8) »